割引手形とファクタリングの違いは?

割引手形とファクタリングって似てるんじゃないの?両方とも即日資金を調達できるんじゃないの?という疑問を持った方もいるのではないでしょうか。
ここで、それぞれの違いについてご紹介します。

<手形>
手形というのは、未来の特定の日に特定の金額を支払うことを約束をした有価証券のことです。
手形に記入された金額(額面)に見合うお金が今は無いけれど、手形を振り出すことで支払いに充てることができます。
これは手形を振り出す会社が信用できることを意味します。
手形を振り出すことで、支払いを先に延ばすことができるという仕組みなんです。
しかし、注意しなければいけことがあります。
手形に記載されている期日までに資金を用意できない場合、「不渡り」になってしまいます。
半年の間に2回「不渡り」を出してしまうと、事実上の倒産という扱いになってしまうのです。

<割引手形>
割引手形は、手形を受けとった際に、手形に約束された支払い期日よりも前に銀行などに手形を持って行くことで、額面の金額より割り引いた金額を受け取ることができます。
このように割引手形は、手形を担保にした融資という考え方で、実際は借り入れと変わらないのです。
銀行からの融資は担保が必要ですよね。
この場合は、取引先が振り出した手形が担保となります。
これは銀行からお金を借りているということになりますよね。
もし、取引先が不渡りを出してしまったら、担保である手形の価値がなくなってしまい、銀行から返済を求められることになります。
手形を用いて資金調達をした場合は、融資契約であり借り入れと扱いが同じになります。

<ファクタリング>。
ファクタリングは、売掛金を買い取るサービスで。融資や借り入れではありません。
ファクタリング会社が売掛金を債権として買い取ることで、売掛金の額面から一定の手数料を引いた額を用意してくれます。
この契約は、債権の買い取りという扱いになるので、売掛先の会社が倒産したとしても、あなたの会社に返済の義務はないことになります。
ファクタリングの場合は、このようなリスクがあるので、一般的な銀行や金融機関からの借り入れよりも高い手数料を設定しているのです。

このように、もしも取引先が倒産したとしても、ファクタリングの場合はあなたの会社が返済する必要がないというのが割引手形との大きな違いなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です