ファクタリング会社の審査ポイント

ファクタリング会社と銀行などの金融機関で審査するポイントは異なってきます。
では、審査のポイント「短期間の取引」「売掛金の種類」についてチェックしてみましょう。

【短期間の取引】
<銀行の場合>
銀行など金融機関から融資を受ける場合に重要になってくるのは、長期間にわたって返済できるかどうかということです。
借りる金額によって違ってきますが、3年や5年、またそれ以上といった長期間にわたって返済をすることになりますよね。
ですので、銀行側として重要になってくるのは、長期間にわたって返済ができる企業や会社なのかということです。
あなたの会社の信頼性をチェックしなければいけないんです。
<ファクタリングの場合>
ファクタリングを利用する場合に重要になってくるのは、あなたの会社から買取った売掛金が期日までにちゃんと入金さえすれば良いということです。
あなたの会社との取引は、長い場合でも数カ月といった短期間だけということになりますよね。
よって、今後のあなたの会社が成長し、安定的な経営ができるかどうかは関係ないのです。
ファクタリング会社にとっては、買い取った売掛金が短期間でちゃんと回収できるのか、売掛金の信頼性や売掛先の支払い実績をチェックすれば良いのです。

ファクタリング会社は銀行と比べると、短い期間の取引なので、審査も金融機関より簡単になるんですね。

【売掛金の種類】
審査をスムーズにするためには、ファクタリング会社が買い取る売掛金の種類が重要ポイントになります。
売掛金は、「定期的な売上」「単発の売上」に分けることができます。
<定期的な売上>
過去から長年にわたって定期的に取引があり、売掛金が発生している状態であれば、定期的な安定した売掛金ということになります。
こうした定期的な売り上げのある売掛金の場合は、審査が優遇される傾向にあります。
<単発の売上>
単発的な売り上げ、新規の取引先の売り上げの場合は、過去に実績がないため、その会社がきちんと売掛金を期日までに支払ってくれるのか、審査に時間がかかったり、審査が通らなかったりする場合があります。

ファクタリング会社の審査では、売掛先の信頼性を見られるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です