ファクタリング会社の審査ポイント その2

次に、審査のポイント「売掛先の会社」「差し押さえのリスク」についてチェックしてみましょう。

【売掛先の会社】
ファクタリング会社は、あなたの会社から売掛金を債権として買い取る事になるので、審査するポイントはあなたの会社ではありません。
重要なのは、売掛先の会社になるんです。
即日で事業資金を用意したい場合は、基本2社間ファクタリングという契約をすることになります。
2社間ファクタリングとは、あなたの会社とファクタリング会社の2社間で契約することで、売掛先の会社には一切知らせないという契約です。
ファクタリング会社が売掛先の会社に直接行ってチェックすることはできないので、帝国データバンクや日本信用情報機構などの信用調査機関を利用して、その会社の信頼度を審査するんです。
よって、ファクタリング会社が重要となるのが売掛先の会社の信頼性ということになりますよね。

【差し押さえのリスク】
あなたの会社の口座に差し押さえのリスクがあるかどうかも審査ポイントになります。
2社間ファクタリングでは、売掛金をすぐ現金化してもらい、後日あなたの会社の口座に売掛金が取引先から振り込まれますよね。
そのお金をファクタリング会社に送金することで取引が終わります。
もしも、あなたの会社の口座が税金滞納などで国から会社の口座を差し押さえられた場合どうなるでしょう。
後日、あなたの会社に取引先から期日通りに売掛金の振り込みがあったとしても、口座を差し押されているため、ファクタリング会社に送金することができなくなります。
ファクタリング会社は、あなたからからお金を回収することができなくなりますよね。
ですから、ファクタリング会社はあなたの会社にすぐに口座を差し押さえられるようなリスクはないか審査します。
ですが安心してください。
たとえ多少の税金の滞納があったとしても、そこまで切迫している状態なければ、審査が通るケースが多い場合がありますよ。

以上がファクタリング会社と銀行の審査ポイントの相違点となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です